東京ボイストレーニングスクール

03-6914-2112

スタッフブログ

ゴールデンウィーク真っ最中〜〜!

スクールは本日から開校しております!

5月。新元号での新たなスタートをいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今月最初は、オーディションのボイスサンプルレコーディングのラッシュ!

シグマセブンさんのオーディションに応募される方が多いですね。

 

規定原稿のセリフ・ナレーションはもちろんですが、みなさんちょっと苦労しそうなのが、

「アカペラ・歌唱」の提出ですよね。

 

生徒さんから多数の相談は受けるのですが、ひとつ言えることは。。。

 

難しい歌は・・・必要ないッッッ!

 

「もうすぐ夏だから季節感があった方がいいかと思って・・・。」

→いや、関係ないよ!!応募者の歌唱力を知りたいだけで、その歌で季節感じようとしてないから!!

 

「この事務所のオーディションだから、ここの声優さんの曲の方がいいかと思って・・・・」

→ボーカリストオーディションならその傾向も多少あるけれど、声優プロダクションの役者さんのオーディションだからね!

 

「せっかくだから新しい歌を覚えようと思って・・・。」

→カラオケ行って友達と遊んでおいで!!!!!

 

 

ということで、何はともあれ

「シンプルで歌いやすく、自分の声のトーンのオイシイところが一番出る歌」

を、チョイスすることですね。

 

さぁ、難しい話になってきました

オイシイところって何?それうめぇのか?って話ですが、そう。一番よく聞こえるトーンがあるんですよ。

 

よくあるのが女性が男性の曲を歌ったり、その反対に男性が1オクターブ下で女性の曲を歌ったり。

歌いやすいのはわかります・・・が。それって一番いい声出ていますか?

 

やっぱり男性は男性の曲。女性は女性の曲を歌った方が、トーン・声質は合うと思います。

男性だけど悠々と女性キーが出る〜とか、稀にそれに当てはまらない場合もありますけどね。

 

ホントみんな難しい歌を持ってくることが多いのでねぇ〜!

いいんですよ、普段歌ってる歌で。もしくはそういう時のためにアンテナ張って探しておくこと。

 

曲のチョイスはまず歌いやすいやつを2〜3個くらい用意してレッスンにお越しください。

ボーカルレッスンを普段とっていなくても、こういうタイミングだけ期間限定でもいいので、

ダブルコースにして、ボーカル専門講師からレッスンを受けるのもいいでしょう。

 

演技も歌も、自分の一番いいところを見せなくてはいけない!ということで、

しっかり準備と心構えを〜〜〜!

さ。こちらは、録音がんばりまぁーす!!!

2019年5月4日