東京ボイストレーニングスクール

03-6914-2112

スタッフブログ

協力プロダクションオーディション結果!

3月になりました。春到来も間近!!!

 

ということで、新しい季節に新しい道へ。

昨年から開催された協力プロダクションオーディション、合格者が発表になりました。

スクールへ通っている生徒さんに向けた数社のオーディション。

プロダクションの説明会や、書類選考、直接の面談オーディションを経て、ついに結果が出ました。

 

協力プロダクション様は、

「アトミックモンキー」「ステイラック」「ガジェットリンク 」「ケンユウオフィス」「TABプロダクション」の5社。(敬称略)

 

それぞれ生徒さん皆さんが実力を発揮する場をご用意しましたが、その結果がこちら!

 

プロダクション預かり3名!

良い結果が出たのでは無いでしょうか。

 

オーディションでは各プロダクションともに、

質疑応答の面談、自己PR、ナレーションやセリフの実技などを徹底的にチェックしてくださいました。

 

オーディション初参加の方の緊張ぶりや、何度目の挑戦の意気込みなど、エネルギーがたくさん伝わってきましたが、スクールとしても良い結果が出せたのでは無いかと思います。

それ以上に、書類選考などでもなかなか難しい場合もあります。

実技に至るためにはどうしたらいいのか、スクールで様々ご相談いただければ幸いです。

 

今回のオーディションにおいて、特に質疑応答での場面。

「レッスンではどんなことを注意されますか?そしてその改善策はどのようにしていますか?」

という質問。

 

多くの生徒さんが、口ごもってしまう、もしくはハッキリと答えを出せずにいるのを見受けました。

実際、自分の苦手な部分や人から注意されることに対して、どのように取り組む姿勢があるのか。

これは声優・ナレーターという世界だけでなく、日常のビジネスシーンでも気になるところ。

 

声優・ナレーターだとしても、それも一つのお仕事を任せるパートナーを選ぶ場所。

自分の改善点、どんな取り組みをしているか、これをご覧の方は心の中で唱えてみましょう。

パッと思いつきましたか?それとも、悩んでしまっていますか?

これ、とても重要だと思います。自分の弱点をしっかり分かっているかいないか。

 

なんでもできなければ行けない、ということでは無いと思います。

苦手なもの、克服すべきものにどのように立ち向かう役者なのか、ということを知りたいんだと思います。

こんな質問がオーディションではよく飛んできますので、今のうちにしっかりと考えておいてくださいね〜!

というオーディションでプチ役に立つ情報でした。

 

こちらのオーディション以外でもスクール生徒さんの実績、昨年度のものをあげられそうなので

ただいままとめているところです〜!どうぞこちらもお楽しみに。

 

  • 公開日:2021年3月4日
  • 最終更新日:2021年3月4日