東京ボイストレーニングスクール

03-6914-2112

スタッフブログ

CMナレーションのレッスンでした!

コマーシャルナレーション!

普段から何気なく見て、聞いているコマーシャル。

 

定期的にCMナレーション実習を開催しているわけですが。

2019年にご入会いただいた方を中心に、今回は初参加の方限定!という触れ込みで、

CMナレーションワークショップを開催しました。

 

声優・ナレーターレッスンを受けている方はもちろん、ビジネス・話し方コースの方にも

ご参加いただけた今回でした。

 

今回はなぜか参加定員10名中、9名が女性!というアンバランスな比率でしたが、

まずはこのナレーションワークショップの特徴について考えてみましょう〜!

 

ナレーションとは、物語ること。

直訳するとそんな意味になりますが、原稿をただ読むだけではいけないわけです。

物語〜というと、「昔むかし〜あるところに……」と、あった出来事を伝えていくもの。

 

コマーシャルのナレーションであれば、商品や番組などの対象について「伝える」ことが必要になっていきます。

レッスンでもそうですが、ただ原稿を読むだけになってしまう方、

また逆に、セリフのように気持ちを入れすぎてしまう方、

 

このナレーションワークショップ、とても有効的ですよ!

 

普段は原稿に書いてある内容をイメージしながらナレーションするわけですが、

このイベントでは、映像も音楽も決まったものがあります。

 

それを踏まえて、普段イメージしていたものが目の前に正解としてあるわけです。

それにあった原稿の読み方・トーンを意識して、ナレーションをする!

という、そんなワークショップなんです。

 

ナレーションがうまくできない!とか、表現力が足りない!とお悩みの方にバッチリのイベント!

ただ正直、結構むずかしいです。

 

タイムコードという、画面上の時間に合わせて読んでいかなくてはいけないので、

アフレコのセリフのように決まったタイミングで読まなければいけない職人技。

その上で表現も入れてトーンも考えて・・・あ、噛まないように気をつけなきゃ〜!

などなど、気にすることはもちろん原稿を読むだけに比べれば圧倒的に多い。

 

だからこそ、手に入れられる経験は大きいはず〜!

ポップなコマーシャルや、格好いいCM、子供向けのものなど、いろんなジャンルがあるので

参加する生徒さんごとに、気にするポイントが違うのも楽しめるところ。

参加いただいた生徒さんが口々におっしゃっていたのが、

「他の人のナレーションを聞けて勉強になった」というもの。

 

マンツーマンの東京ボイストレーニングスクールだからこそ、他者の演技や読みはなかなか聞けない。

という弱点も実はあったりします。

 

でも、それを解決するのがこういったグループレッスン・ワークショップなのですね。

そんなナレーションワークショップ。ちょっと参加したくなりました??

 

今回は1枠だけでの開催でしたが、次回は10月!

秋にまた開催したいと思いますので、ぜひぜひこの機会を逃した方はご参加ください。

最後は、今回ご参加いただいたみなさま〜〜!

ありがとうございました。

  • 公開日:2019年8月20日
  • 最終更新日:2019年8月20日