東京ボイストレーニングスクール

03-6914-2112

スタッフブログ

ダンストレーニングワークショップ終了しました

演技者たるもの!!体を使って表現すべし!

 

ということで、表現力アップ!リズム感アップ!体力アップ!?を兼ねて

「ダンストレーニングワークショップ」を開催いたしました〜

 

え?ボイトレなのに!ダンスするの!?!?ってお思いでしょうけど、

いや、東京ボイストレーニングスクールは多彩なイベントがモットーですからねw

 

そんなわけで、踊りたい!という意欲を持った生徒さんたちがあつまりましたダンススタジオ。

今回のダンス講師は、スクールスタッフの知人であるプロのダンサーの方。

SMAPや桑田佳祐さんなど、著名なアーティストのライブイベントのダンサーやMVなどにも出演されている!

プロ中のプロの方にレッスンをお願いしちゃいました〜。

 

まずは身体表現。身体の使い方って!?ということで、

ストレッチに始まり、まっすぐ立つという基本姿勢から。

自分の体を知ることも踊るうえでとても重要で、当たり前の身体の一部を、

思い通りに動かしていく難しさを知りました。

 

一番左が先生。そして他は生徒さん。

見てください。この柔軟性の違い!!!!これだけですごくない!?w

そして、踊る!前にまずはジャンプ。

飛びながら手を動かして体を動かして。

これすでに「ダンス」とのことで、飛び続けること約4分!!!!

夏が近づく6月のスタジオは熱気に満ち溢れるのでありました。。。。

そして、ダンスの振り付けへと入っていきますが、経験者未経験者混じる生徒さんたち。

最初はどうなることかと思っていましたが・・・あれ?だんだん踊れて来てる?

 

もちろんバッチリ踊れてますよ!とはなかなか難しいものの、だんだんと振り付けについて行ってる!!

 

あ、できて来た!!っていう顔をする生徒さん。

ここのステップこうした方がいいなーと苦戦する生徒さん。

なにはともあれ、汗だくでとにかく疲れてきた生徒さん。w

普段使わない表現力を存分に発揮することができたのではないでしょうか?

 

リズムに合わせて踊る。っていうことだけじゃなくて、

音楽を聴いて、考えずに体が動くようになりましょう!と。

 

演技でも歌でもそうですよね。

舞台やライブステージで、セリフや歌詞を考えながらパフォーマンスしていたとしたら・・・

伝わらないわけですよね。

 

体を動かす!ということでも同じように、身から溢れてくる動きがダンスとなる!

なんか深い感じの言葉になっちゃいましたが、かの有名なブルース・リーの名言。

「Don’t think, Just feel」 考えるな!感じろ!!!ってやつかなーと思いました。

 

なかなかやる機会のないイベントなだけに、スクール的にも感激。

生徒さんもとても満足そうにお帰りになりました〜〜!

ということで、ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした!

そろそろ筋肉痛も収まることだと思いますので、引き続き体を動かしてくださいね!

  • 公開日:2019年6月18日
  • 最終更新日:2019年6月18日