東京ボイストレーニングスクール

03-6914-2112

スタッフブログ

オーディションの緊張を体験!

先日、模擬オーディションワークショップを開催しました。

 

模擬!といえど、空気感はいつもと違う!

東京ボイストレーニングスクール代々木校で開催しましたが、事前に参加者の生徒さんには、

「校舎をオーディション会場だと思って入ってくること」

 

という、ここからオーディションがスタートしていました。

今回のオーディションのポイントは、

・自分で審査原稿の「セリフ2つ、ナレーション1つ」を持参すること

・オーディション風景を撮影。終了後に視聴チェック&講評

・プロフィールシートの志望動機・自己PRなどの共有ができる

 

という3点。

これまでにやってこない企画でしたが、はたして〜〜!

 

まず、持参した原稿。

ご自身で原稿を作ってきた方もいれば、いいセリフがないか探し出してきた方、

スクールのレッスンで使ったものを使用する方、などいらっしゃいました。

審査員側からの印象としてコメントとして、今回に目立った原稿の印象。

 

・ネットで拾ってきた原稿は結構バレます!

そうなんですよね。何か作るときに参考にするものであったり、

生徒さんが実際にレッスンで持ってきたりと、いろいろと目にしているもの。

せっかくセリフやナレーションならば、自分の色がしっかり出せるものの方がいいですね。

 

・苦手な行や言葉がある原稿にチャレンジするのはなぜ?

たとえば「サ」行が苦手な方が、「最新施設の〜〜」などの言葉が入っていたり。

もちろんそこは改善するべきではありますが、自分でつくる原稿なんですから、そこは省いてしまったほうがいいのでは?

というシンプルな疑問。もちろんレッスンで滑舌は今後改善しないとですけどね。

 

・原稿が読みづらい

メモとかいっぱいして、いろいろ書き込んで・・・っていう気持ちもわかります。

が!!自分で本番で読もうとするときに、ゴチャゴチャしているもの、

たとえば、この言葉はちがーーう!って、斜線で消していたり、矢印でこっちからこっちに読む〜とか・・・。

え?なんで清書しないの?という不思議さを見かけました。

 

・1発目のセリフがなんか暗い

クールなキャラクターとか、不思議なキャラクター、というのを見せたいというのもわかります。

でも、ボイスサンプルのテープでもそうですし、対面のオーディションでもそうですが、

始まるぞ!の1音目が、暗かったり聞こえづらかったり、単純に声が小さかったり・・・。

第1印象としてどのように映るでしょう?

 

 

などなど。

他にもいろいろあったのですが、そのあたりはまた次の機会にでも。

 

オーディション・質疑応答が終わり、その様子を撮影したものを見てみると

生徒さんご自身も、こういう表情をしていたのか、こういう受け答えになったのかと、

それぞれに思うところがあったようです。

客観的に自分を見る、というのはとても大切ですね。

 

これを本番のオーディションに向けて活かせれば、きっと結果にもつながるはず!

いい対策となったのではないかなと思っております。

 

さぁ、年末に向けて、養成所・専門学校の審査にも向けて!

より一層ボイトレに励んでいきましょう〜!

2019年11月19日

CDドラマのダイジェストをお届け!

東京ボイストレーニングスクールの生徒さんが参加したワークショップ

CDドラマのダイジェスト版を制作してみました。

 

ストーリーやキャラクター名はあえてわからないようにしていますが、

「魔法戦士 スイートガール 」「虹星戦隊 レインボージャー」

両作品の生徒さんの熱演を少し、と主題歌サビをまるっと!お届けします。

 

こちらは、9月に開催されたCDドラマ制作ワークショップでの作品。

約60名の生徒さんが参加してくれたイベントで、収録を行いました。

 

その様子はこちらから。

 

その時のものはあっという間に編集も終えて、生徒さんにお渡ししたのですが

ダイジェストも作ろう・・作ろう・・・つく・・・r・・・・!!!!!

 

っと、やっと完成いたしました。涙

ストーリーをもっとお聞かせしようかと思ったのですが、あまり聞かせるのももったいない。

でも、参加してくれた生徒さんみなさんの声をお聞かせしたい!

いや、でも全員お聞かせしようと思ったらフルでお聞かせしなければ・・・。

いやいや、フルなんてちょっと難しいでしょう・・・ということで、お聞かせしなきゃ地獄に陥り。

 

最終的には、ストーリーよりも雰囲気がチャチャっとわかるやつでいいか!となりました。w

 

そんなわけで、それぞれをご覧くださいませ。

 

まずは、魔法戦士スイートガール

 

魔法学園に通う「セナ」。

落ちこぼれ・・・とバカにされていたが、友人たちの支えもあり、なんとか前向きに過ごし続ける。

そんな時に、学園で禁じられた魔法がかけられ、生徒たちが怪物へと変身してしまう。

そんなピンチにどう立ち向かうのか!?

 

という、そんな魔法少女のお話。

 

 

 

続いては、

「虹星戦隊 レインボージャー」

 

虹を超えた12色のヒーロー。レインボージャー 。

怪獣たちは、今日も街にはびこり悪事を働く。

ヒロインのピンチに駆けつけるレインボージャー !

ヒーローたちと怪獣の熱いバトルが繰り広げられる。。。

 

ということで、2作でございます。

 

スクールのイベントってどんな感じだろう?という音声を外に出すのは初めてかもしれませんね。

ぜひぜひこれを聞いてご興味がある方、声優って面白そう!と思ったかた。

体験レッスンにお越しくださいね〜。

2019年11月13日

毎年恒例!スーパーグループレッスン2019 開催!

2019年も終わりに近づいてきました。この時期となりますと毎年恒例のこのイベントを開催!

 

東京ボイストレーニングスクール全校合同

スーパーグループレッスン!

 

各校から講師・生徒さんが集まります!

そして、このイベントのために書き下ろされた台本を使って、まずはレッスン!

レッスン後には、みんなの前で発表をしてみよう〜!という

「学ぶ・魅せる・楽しむ」の3つを合わせたスペシャルイベント。

 

参加者は36名。

18名ずつのA/Bグループに分けて、さらにそのグループを、5チームに分けます。

 

まずはAグループの5チームそれぞれが台本を使って、講師の演出で芝居を作りあげていきます。

その反対のBグループ5チームは、その間自主練習。

 

60分で交代し、今度はBグループがレッスン!Aグループは自主練習。

もちろん使う台本は同じもの!!

 

ということで、同じ台本でも参加する生徒さんが違い、講師が違うとどう変わるのか!?ということを

楽しんでいただくためのイベントです。

 

ポイントは、その場での対応力と判断力、そしてレッスンで培った演技力!!

さらにはもともと持っているコミュニケーション力も!フルに能力を使って楽しんでもらいましょう。

 

長丁場のイベントとなるので、毎度イベント終了後は生徒さん同士の仲も深まり、

スクールの絆がぐっと深まる気がします。いや、もう気がしますっていうかそんな音がします。微笑

 

CDドラマのワークショップ・アフレコ・吹き替えなど多彩にやっている東京ボイストレーニングスクールだからこそ!

そのノウハウを凝縮した、オリジナルエンターテイメントイベントともいえるこの「スーパーグループレッスン」!

 

参加しない理由は・・・ないですよね!?

ということで、すでに先週末からお申し込みがスタートしております。

スクールに入って間もない方も、去年参加して楽しかったなーというあなたも〜!

 

ぜひぜひこちらのイベントにご参加ください。

詳しくは各校スタッフまで。

 

2019年11月5日

ライブイベント大盛況でした!

11月になりました!!今年もあと2ヶ月ですね。

あっというまの2019年。来年に向けての準備を進めていきましょう。

 

さて、先日開催されましたスクールのライブイベントのレポートをお届けします。

「TVS HALLOWEEN BATTLE 2019」

毎年恒例のこのイベント!!

ハロウィンなだけあって衣装がみなさん派手なこと。。。

 

写真映えするので、今回は写真多めでレポートしてまいります。

 

このイベントは、ハロウィンにかこつけて衣装も派手に心もオープンに!

生徒さんたちがお届けするライブイベント!ということで、総勢24組が出演されました。

 

西のヴァンパイアチーム、東の魔法使いチームに分かれて、チームバトル!

そして、衣装の華やかさ・印象度が会場投票によって決まる「ハロウィン衣装賞」

さらに、講師投票で決まる「パフォーマンス賞」を目指してスタートしていくイベント。

 

西のヴァンパイアチームのトップは、AIさんの「ハピネス」を歌ってくれた秋葉原校の生徒さん。

会場みなさんがサビは必ず知っているだろう!というちょっと冬の空気感もあるこの曲。

サイリウムを振って、盛り上がる会場!最初から一気に和やかなムードに。

 

対する、東の魔法使いチームは、LiSAさんの「Thrill,Risk,Heartless」

ゲーム・ソードアートオンラインの主題歌で、アップテンポな曲。

現役の高校生の生徒さんが思い切って歌ってくれました。

 

 

今回は、初参加の生徒さんが非常に多かったのですが、堂々としたステージパフォーマンス!

という感じを受けました。

レッスンでもライブを意識したステージングなども考案しながら進めている甲斐もあってか、

初ライブ!という緊張感を感じさせないステージが進んでいきました。

 

ペアでの出演や、3人組のライブなど多彩にありつつ、何よりは衣装!

このハロウィンライブも年を重ねていくごとに、みな個性的に・かつ、派手になっていってる気がしますw

 

途中では、お菓子をステージから投げてお客さんに楽しんでもらおうとする方、

間奏では、会場を煽って手拍子やコール&レスポンスを楽しむ方!

 

え・・・もうプロのボーカリストじゃーーん!っていうくらいに、会場が湧いていました。

 

全24組のパフォーマンスも終わり、今回の賞のみなさんのご紹介!

 

「ハロウィン衣装賞」

little glee monsterさんの「好きだ」を歌ったお二人!

 

「ハロウィン衣装賞」

絢香×コブクロさんの「WINDING ROAD」を歌った3人!

 

そして講師投票による「パフォーマンス賞」は、

マクロスF、ランカ・リー=中島愛さんの「星間飛行」を歌った生徒さん!

見て!この衣装のクオリティ!w

 

と、多彩なみなさんの魅せ方に、スタッフも感動しました。

来年は・・・もっとこのクオリティを上げられるように・・・って衣装じゃなくて、歌の方ですけどね!

 

いい歌をステージで歌って、お客さんをもっと楽しませられるように。

ライブに向けたレッスン、人に聞かせるための歌のレッスン!という意識をもって日々挑んでいただきたいですね。

 

 

そんなわけで、ご出演のみなさんです!

 

ライブ出演者のみなさん、MCを勤めてくれた生徒さん。

ご来場いただいたみなさま!ありがとうございました。

 

 

次回のライブはすでに2本決定!

 

12月には、「スタジオライブ」を企画。

ライブイベントではなく、スタジオを借りて参加者だけでのパフォーマンス。

ステージに出るのはまだ…と不安な方も、まずはここからスタートしてみませんか?

 

そして、来年2月!

「VALENTINE LIVE BATTLE 2020」

「愛」をテーマに、人に歌を届ける!ということを意識。

こちらはライブハウスでのイベントとなりますので、どちらもお楽しみに。

 

 

さて、もっと写真を楽しみたい方は、

こちらのFacebookのイベントページからお楽しみあれ!TVS HALLOWEEN BATTLE 2019 写真へ

2019年11月2日